ジオパワーシステム『地熱の家』

 

夏の木陰や冬の陽だまりにいるような快適さの中で暮らす幸せ

地熱の家で身体と環境にやさしい暮らし
2003年の建築基準法の改正に伴い、強制的に行われる24時間換気システムの設置が義務化されました。
 
ジオパワーシステムは、太陽のエネルギーとそのエネルギーを蓄える土壌があれば設置可能な「自然のチカラ」を活かした24時間換気システムです。
 
ジオパワーシステムはエアコンではありません。
ですから、温度設定はできません。というよりは必要としていません。
熱源はあくまで「太陽のエネルギー」、自然のチカラをそのまま活用するパッシブ空調です。
 
この自然のチカラを最大限に活用するためには、建物の断熱性能や気密性能といったハード面での工夫も必要になります。
 
 

エアコンに頼らない暮らし

外気を地中に埋めた地中熱交換パイプに取り込み、そこ蓄えられている熱を空気へ移し、室内に取り入れます。
 
地熱の家で身体と環境にやさしい暮らし
井戸水をイメージしていただくと理解しやすいのではないでしょうか。
井戸水の温度は一年を通してほぼ一定です。夏は冷たく、冬は温かく感じるはずです。
外気との温度差がそう感じさせます。ジオパワーシステムはまさにこの原理を利用し、外気との温度差で室内の温熱環境を快適にしています。
また、基礎内にはグリ石が敷き詰めてあります。石の持つ熱を蓄える性質を活かし、地中熱交換パイプで熱交換をした空気に熱を与える役目を担っています。
 
ジオパワーシステムは機械制御の換気システムです。床下と小屋裏に付いている温度センサーにより、換気運転と循環運転を自動で切り替え、室内の温熱環境を調整しています。
 
快適と感じる温度は人それぞれ。建築工房onでは小型のヒートポンプを標準採用し、「自然のチカラ+α」でより快適な環境をご提案しています。
スタッフ全員が『地熱の家』に住んでいますので、「地熱の家体感HOUSE」としていつでもご体感していただけます。
地熱の家体感HOUSE「家族がつながる家」は、2011年の完成以来エアコンを設置していません。
 

 

澄んだクリーンな空気

24時間換気システムの義務化により、室内には空気の流れが生まれました。
これにより外出から帰ってきた夏場の室内、暑さと淀んだ不快な空気を感じることは少なくなったことでしょう。

地中熱交換パイプの底には水が溜まっています。この水がフィルターとなり、外気に含まれるゴミやチリなどを除去し、浄化された空気を室内に取り込んでいます。
地中熱交換パイプ内の水は毎日自動で洗浄しているので、常に澄んだクリーンな空気を室内に取り込むことができます。

 

 
 

ジオパワーシステムのしくみ