女性一級建築士によるプランニング


建築工房onの設計は女性の一級建築士がヒアリングから行ないます。
なぜ、女性建築士がプランニングを行なうのが良いかお分かりですか?
日本ではまだまだ家庭の中で女性が家事をすることが多いのが現状です。毎日の料理や掃除、洗濯、子育てなど沢山の家事を女性がされています。
 
家事をしている人と家事をしていない人では、どちらが考えたプランが暮らしやすいと思いますか?
料理をする際の動線(材料の準備から下ごしらえ、調理、盛り付け、後片付け)、掃除機をかける際のコンセントの位置、洗濯をする際の動線(洗って、干して、しまう)、家事をしながら子供をみられるなど、暮らしの中で実際に携わっている方が暮らしやすいプランを提案できるはずです。
家族の人数でどのくらいの食器があり、どのくらいの洋服があり、どのくらいの収納が必要かなど個人差はあっても大まかな把握はできます。
収納にしても大きな収納だけでいいのか、小さな収納が様々な場所にあったほうがいいのか、その両方なのか、暮らし方によって変わります。
 
同じ立場にいるからこそ共感しあえることがあります。共感しあうことでイメージが伝えやすくなります。共感ポイントが多いほど理想の家に近づきます。