分かりやすい金額提示

家づくりの心配事のひとつによく挙げられるのがお金のこと。
契約後に100万円単位で追加の支払いがあったという話を耳にしたことはありませんか?全ては家づくりの進め方に問題があったからです。
建築が進むにつれ、やりたいことが増えていくことはよくあることです。
最後にびっくりしない家づくりの進め方はどのようなものだと思いますか?
 
まず、なぜ契約金額から100万円単位で追加の支払いが発生するのかを知るところから始めましょう。
契約時に全てのことが決定していないということがあります。
ここでの全てのこととは、追加の支払いが発生する要因を含んだものです。例えば、住宅設備です。建築会社ごとに標準仕様を用意している場合があります。標準仕様のままで契約をした場合、付け加えたい機能があれば全て追加金額ということになります。
また建築が進み、建物が立体的に見られるようになった時も要注意です。このスペースがもったいないと活用仕様とした場合も追加金額が発生します。もちろん必要な場合もありますから一概には言えませんが、本当に必要なスペースなのかをよく考えなくてはいけません。もったいないではなく、使うかどうかが判断の決め手です。
 
建築工房onでも住宅設備の標準仕様はありますが、ご契約前に確認をしていただき御見積もりに反映させます。ご契約後に関しては、その都度金額をご提示して本当に必要な工事かをご検討していただきます。
 
追加金額を抑える家づくりは、追加金額に影響のあるものは契約前に決定し、工事期間中はその都度金額を確認し、総体金額を確認しながら判断をしていくことです。
建築工房onでは、プランのご提案だけでなく、家具や外構工事、諸経費など家づくりに掛かる全ての費用をご提示しています。